BANANA PANCAKE

少年はみんなヒーローが好き。

デスプルーフ / DEATH PROOF

好き度 ★★★★☆

 

どうも、ナカジマです。

先輩に貸してもらって観てみたのですが、スカッとしました。

 デスプルーフ→耐死仕様ってなんだよ。

 

デス・プルーフ in グラインドハウス』(Death Proof)は、2007年製作のアメリカ映画クエンティン・タランティーノ監督によるカーアクションスリラー映画である。2本立て映画『グラインドハウス』(Grindhouse)の1編「デス・プルーフ」に、アメリカでの2本立て公開時にカットされたシーンを加えて、1本の作品としたもの。 

(Wikipediaより)

 

CGなしの100%スタントということで、とてもハラハラ。

イカれた野郎を追いかけて鉄パイプで襲うシーンと

最後にみんなでボコボコにするシーンが最高で、笑っちゃいました。

いや~イカした映画でしたな。

 

 

 

 

500日のサマー / (500) days of summer

好き度 ★★★★★

 

どうも、ナカジマです。

観た映画を書き記すことにします。

ついでなので、どれくらい気に入ったかも。

 

自宅にあるDVDを整理しているうちにふと観たくなったので、再度。

やはり好きな映画。

トムとサマーの恋愛観がしだいに変わっていきます。

ラストについて、最初に観たときは「ほろ苦い」と感じたけど、

今は観ると「ほろ苦く」もなく、言葉できない不思議な気持ちになるようになりました。

 

 

 

あくびの「本質」と「醍醐味」

どもです。ナカジマです。

 
最近、寝不足が続いております。
仕事が忙しくなり、帰宅時間が遅くなるのですが、家でひとり好きなことをする時間は削りたくないので、結果的に睡眠時間が削られているのです。
 
日中はあくびばかり。きっと仕事をナメている若者に見えていることでしょう。
 
さって、この「あくび」についての議論です。
 

f:id:banana-pancake:20160121212440j:plain

 
 
ボーイ「ふぁ〜 (あくび) 」
 
ガール「ふぉ〜(あくび)  あ、今あくびうつった。」
 
ボーイ「あくびってうつるってよく言うよね」
 
ガール「今まさにうつったね」
 
ボーイ「ねぇ今ふと思ったんだけどさ、あくびって「吸う行為」「吐く行為」どちらだと思う? なんていうか・・どちらに重きをおくもの?」
 
ガール「急に変なこと言うね。んー、吐くほうだね」
 
ボーイ「そうなんだ。おれは断然吸うほうだわ。やっぱり割れたか〜。よし、決着つけようか。あくびは吸う行為なのか、吐く行為なのか
 
ガール「何の決着。笑」
 
ボーイ「あくびって、たしか脳が動かなくなってきた時に、息をおもいっきり吸うことで酸素を取り込んで、脳を活性化させる行為なんだよね。どこかで読んだ。」
 
ガール「うわー、また始まった。理系トーク。」
 
ボーイ「つまりさ、あくびは吸う行為なんだよ。」
 
ガール「でもさ、あくびって息吐いたときにスッキリしない?」
 
ボーイ「んー、たしかに。気持ちよくなるね。」
 
ガール「息を吐いて気持ち良くなるのが、あくびの醍醐味じゃない?」
 
ボーイ「なるほど、たしかに。ということは結論は「あくびの本質は吸う、醍醐味は吐く」だね。」
 
ガール「そういうことになるねw
 
ボーイ「あ、でもさ。吸う・吐く以外にも「涙」という要素もあるんじゃない? まだ話し合う余地があるんじゃないかな!?」
 
ガール「もういいよ。」
 
 
 
結論。
あくびの本質は吸う、醍醐味は吐く。